FC2ブログ

■福岡さつま川内会を設立

福岡さつま川内会」旗揚げ
福岡さつま川内会懇談会 古里のまちづくりを応援しようと、福岡県など北部九州に住む薩摩川内市出身者が、「福岡さつま川内会」を設立。

九州新幹線の全面開通で薩摩川内市と福岡が1時間15分で結ばれ、薩摩川内市ではこれを機に、地域の活性化・産業の育成振興に繋げようと、北部九州での観光物産展の開催、特産品の販売促進、企業誘致等の活動等に積極的に取り組んでおり、昨年来、市関係者より、「福岡在住の薩摩川内出身者で、市の地域活性・発展に側面からバックアップしていただければありがたい…」との意向が示され、七福神の育さんを中心に福岡在住の薩摩川内出身者有志でその設立に向けて準備を進めていました。 


薩摩川内市長・薩摩川内市議会議長
川内商工会議所会頭・薩摩川内市商工会長
をお迎えし、1月19日盛大に設立総会を開催! 
岩切薩摩川内市長ご挨拶 いよいよその機運も盛り上がり、昨年1116日の設立発起人会を経て、1月19日に、福岡市の「西鉄イン福岡」で設立総会&懇談会(市との意見交換会)&懇親会(交流会)が開催されました。 
当日は、岩切秀雄薩摩川内市長・瀬尾和敬薩摩川内市議会議長 ・田中憲夫川内商工会議所会頭・今藤尚一薩摩川内市商工会長の他、古川英利薩摩川内市観光・シティセール課長など6名の市担当者を迎え、福岡さつま川内会会員41名(会員68名中)の出席により、熱心な審議が行われ、【会則】【事業計画・予算案】を全員賛成で承認された後、新役員が選出されました。
会長に   福留久大氏(九州大学名誉教授)
代表幹事(事務局)七福神の育さん(新留育郎)が就任
会長に、九州大学経済学部の名誉教授の福留久大氏(百次町出身)が選出され、「自分のためより人のためという思いで、古里のために頑張ろう」と挨拶。副会長には、西日本鉄道の前・副社長の西谷和武氏(小倉町出身)と福岡県・市自家用自動車協会専務理事で前・西日本新聞社総務部長の川野康広氏(中郷町出身)が就任、会の企画・運営を担う代表幹事には、七福神の育さんこと、㈱第一エージェンシー取締役で㈱ダイショーの前・取締役、西日本銀行の前・営業本部部長の新留育郎(矢倉町出身)が、副代表幹事には九州・アジア・パートナーズ㈱の営業本部長の長楽文弘氏(湯島町出身)が就任しました。
親睦団体ではなく、真に薩摩川内市を支援する任意団体
福岡さつま川内会はいわゆる親睦団体ではなく、企業誘致のために情報交換したり、観光・特産品PRなどを行ったりして、真にふるさと薩摩川内市を支援し、薩摩川内市の地域活性化・発展に寄与することを目指しています。
【会の目的】本会は「薩摩摩川内市」とのコミュ二ケーションを深め、郷土の活性化・発展に寄与するとともに、会員相互の親睦と連帯を図り、共に繁栄することを目的とします。

【目的を達成するための事業】

(1)薩摩川内市に郷土の活性化・発展に関する感想・意見・情報を発信

(2)薩摩川内市の観光・特産品の販売促進活動を支援
(3)
薩摩川内市の企業誘致活動を支援
(4)
薩摩川内市出身の学生・若手社会人を育成支援

(5)会員相互の連帯と協調を促進するための交流の場を提供

その為の具体的活動として、次の様な企画を考えています。

(1)総会・懇談会、薩摩川内市との意見交換会、セミナーなどを開催
(2)
薩摩川内市が主催する「観光・物産展」「きゃんぱく」のPRと支援

(3)「ふるさと特産品定期便」「ふるさと観光旅行」などの企画実施
  例えば、希望会員に、薩摩川内市の旬の特産品を定期的に宅配

(4)薩摩川内市による福岡県内企業訪問のアテンド(同行訪問)

(5)機関誌の発行(会員の感想文・提言・研究発表などレポート冊子)

(6)会員名簿の作成(会員に配布…利用目的を限定)

(6)政治・宗教的な活動は行わない

(7)その他必要な事項


薩摩川内市の観光・特産品の現状について懇談会開催 
福岡さつま川内会での特産品即売会 総会の後、早速、古川観光・シティセールス課長より、「九州新幹線全線開業で活性化している観光の現状」を紹介、「福岡さつま川内会」からは新留代表幹事が、「市もいろいろと観光や特産品のPRに努力されているとは思うが、福岡ではまだまだ認知度が低く浸透していない・・・」と先に発起人に実施した『薩摩川内の観光・特産品に関するアンケート調査結果』を報薩摩川内人に脈々と流れる素朴で根っこから人のいい「もてなしの心」と「甑島の海の自然」「いむた池の山の自然」「新田神社・国分寺跡・まごころ文学館の歴史と文学」は薩摩川内市が全国に誇れる観光資源であり、まず会員自らが故郷の事をよく勉強して、市と協力して、早速宣伝に一役買うことを誓い合いました。


故郷の味と焼酎で、和やかに交流を深める 
薩摩川内の特産品【入来のきんかん】 懇談会の後、懇親会に移り、薩摩川内市の観光課のメンバーが薩摩川内市から持参した新鮮な「きびなご」をホットプレートで焼いてふるまったり、薩摩川内市から直送の「つけあげ」や「ちんこ団子」も登場し、故郷談議に花が咲きました。
会場では、入来のきんかん」「唐浜のらっきょう」「あくまき」「かからん団子」「甑島岩のり」「さつま地鶏みそ」や地元焼酎「さつま五代」「田苑」「三代目百合組」など薩摩川内市の特産品の即売も行われ、大好評の中、午後三時に無事この日の全行事を終了しました。
 
只今、会員募集中!! (2月28日現在 70名が入会) 
福岡在住の薩摩川内市出身者の方は是非ご入会を!!
【お問合せ】
  ■新留育郎 (携帯)090-5472-4881 (会社)092-741-6585 
   メール
mai196@jcom.home.ne.jp 
  ■福留久大  092-531-7448 
【入会申込方法】
(1)上記宛てに、メール、電話、FAXで、郵便番号・住所・氏名・電話番号をお知らせください。
(2)入会申込書と設立総会の案内状を郵送します。
(3)年会費は、郵便振込または総会出席時払いでお願いします。 
 【会費】
(1)普通会員(会員として個人名で入会した人)   年額  2000円
(2)維持会員(本会維持の為に資金協力する人)  年額  5000円
(3)法人賛助会員(企業、団体名で入会したもの)  年額 10000円
※(1)(2)(3)の会員は薩摩川内市の「シティセールスサポーター」に登録され、年4回、薩摩川内市から“市政だより”や“ふるさと情報”が郵送されてきます。
※本事業遂行の為に、郵便・通信・資料作成・会議開催等の事務費が必要になりますが、本会発足当初は年会費2000円だけでは資金不足が予想されますので、特に維持会員を設けて資金援助をお願いする事にしました。普通会員と維持会員の資格は同一です。
こちらもご覧下さい。
http://mai196.blog65.fc2.com/blog-entry-48.html

画像の一部は、南日本新聞、西日本新聞、薩摩川内市HPよりコピー掲載しました。
(鹿児島・山口・福岡応援団 / 地域交流飛翔会 / 新留育郎)

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

■来春「福岡さつま川内会」設立予定

福岡在住の薩摩川内市出身の皆さまへ 

来年1月に「福岡さつま川内会」設立総会を開催
九州新幹線の全面開通で私たちのふるさと薩摩川内市と福岡が益々近くになりました。薩摩川内市ではこれ機に、地域の活性化・産業の育成振興に繋げようと、北部九州での観光物産展の開催、特産品の販売促進、企業誘致等の活動に積極的に取り組んでいます。
また、福島原発事故を契機に、「次世代エネルギーの町づくり」を進め、「次世代エネルギー推進のモデルとしたい」と民間のアイデアを広く求めています。
昨年来、市関係者より、「福岡在住の薩摩川内出身者で、市の地域活性・発展に側面からバックアップしていただければありがたい…」との意向が示され、福岡在住の同郷の皆さまと協議してきましたが、その機運も盛り上がり、皆さんの賛同を得て、去る11月16日に設立発起人会を開催、新春1月に「福岡さつま川内会」の設立総会を開催する事を決定しました。
【設立準備委員】
発起人代表   :福留 久大(九州大学経済学部/名誉教授)
設立準備委員長:新留 育郎(第一エージェンシー/取締役)
設立準備委員  :西谷 和武(前・西日本鉄道/副社長)        
           川野 康広(福岡県自家用自動車協会/専務理事)
           長樂 文弘(九州アジア・パートナーズ部長)  
【発起人】
  井上 眞人  上西 治志  児玉 純一   中俣 長盛 
  広瀬 四朗  山本 將生  井上 哲    川添 宏市  
  園田 健夫  永吉 俊治  植元 博    泰平 尚信
  牧田 隆    香月 揚子  北 孔介    武満 政明 
  牧田 昌之  勝目伸次郎  木ノ下 健    羽子田政則
  桝  敦子                                  (以上26名/敬称略)
会員募集中!! ありがとうございます。入会続々!!   
    
1/16現在 入会受付 67名!!
福岡在住の薩摩川内市出身者の方は是非ご入会を!!
【お問合せ】
  ■新留育郎 (携帯)090-5472-4881 (会社)092-741-6585 
   メールmai196@jcom.home.ne.jp 
  ■福留久大  092-531-7448 
【入会申込方法】
(1)上記宛てに、メール、電話、FAXで、郵便番号・住所・氏名・電話番号をお知らせください。
(2)入会申込書と設立総会の案内状を郵送します。
(3)年会費は、郵便振込または総会出席時払いでお願いします。
故郷支援・故郷への地域貢献が第1の目的
会員の交流促進・互助の精神が第2の目的
【会の目的】
本会は「薩摩川内市」とのコミュ二ケーションを深め、郷土の活性化・発展に寄与するとともに、会員相互の親睦と連帯を図り、共に繁栄することを目的とします。
【目的を達成するための事業】
(1)薩摩川内市に、郷土の活性化・発展に関する感想・意見・助言を発信
(2)薩摩川内市の観光・特産品の販売促進活動を支援
(3)薩摩川内市の企業誘致活動を支援
(4)薩摩川内市出身の学生・若手社会人を育成支援
(5)会員相互の連帯と協調を促進するための交流の場を提供
その為の具体的活動として、次の様な企画を考えています。
(1)総会・懇談会、薩摩川内市との意見交換会、セミナーなどの開催
(2)薩摩川内市が主催する「観光・物産展」「きゃんぱく」のPRと支援
(3)「ふるさと特産品定期便」「ふるさと観光旅行」などの企画実施
例えば、希望する会員に薩摩川内市の旬の特産品を定期的に宅配
(4)薩摩川内市の福岡県内企業訪問のアテンド(企業情報提供)
(5)機関誌発行(会員の感想文・提言・研究発表などレポート冊子)
(6)会員名簿作成(会員配布…利用目的を限定し部外厳秘)
(6)政治・宗教的な活動は行わない
(7)その他必要な事項
薩摩川内出身者
及び
薩摩川内市にゆかりのある個人・法人が入会対象
【会員資格】
本会の会員は、福岡県内及びその近郊に在住する「薩摩川内市出身者」、「薩摩川内市縁故者」、並びに「薩摩川内市出身者が福岡県内及びその近郊地域で経営または運営する企業・団体」、「福岡県内及びその近郊地域に進出している薩摩川内市に本社のある企業・団体」をもって組織します。
薩摩川内市縁故者とは、「親族が薩摩川内市出身者及び薩摩川内市にかつて居住または薩摩川内市の学校で学んだ人で、薩摩川内市に愛着をもっている人」をいいます。
年会費は、普通会員2000円  
※学生は全額免除
薩摩川内市から「ふるさと情報誌」を無料郵送。
【会費】
(1)普通会員(会員として個人名で入会した人)   年額  2000円
(2)維持会員(本会維持の為に資金協力する人)  年額  5000円
(3)法人賛助会員(企業、団体名で入会したもの)  年額 10000円
※(1)(2)(3)の会員は薩摩川内市の「シティセールスサポーター」に登録され、定期的に、薩摩川内市から“市政だより”や“ふるさと情報”が郵送されてきます。
※本事業遂行の為に、郵便・通信・資料作成・会議開催等の事務費が必要になりますが、本会発足当初は年会費2000円だけでは資金不足が予想されますので、特に維持会員を設けて資金援助をお願いする事にしました。普通会員と維持会員の資格は同一です。
設立総会を2013年1月19日(土)に開催
 場所 西鉄イン福岡/プロッソ(13階)  (受付10:30終了14:30)  
 第1部 設立総会                   11:00~11:40 
 第2部 懇談会(薩摩川内市との意見交換会)   11:40~12:30
 第3部 新春懇親会(コミ二ュケーション)     12:45~14:15
※入会お申し込みの方に、26日にご案内状をお送りしました。  
  ■当日会費  5000円(学生は無料)
  ■参加者全員にふるさとの懐かしいお土産進呈!
     ■新春福引き大会もあるよ。特産品の即売も企画中!!

■薩摩川内市より、岩切薩摩川内市市長
瀬尾薩摩川内市議会議長・田中川内商工会議所会頭
今藤薩摩川内市商工会会長
ほか6名が参加されます。
 薩摩川内市の市木(クロガネモチ)

市木 クロガネモチ

高く伸びる木・常緑の葉、粘り強くてたくましく成長する姿は、市勢の発展を、集まる小鳥からは市民の融和を象徴
薩摩川内市の市花(カノコゆり) 

市花 カノコユリ

初夏に咲くピンクの花は市民の優雅さと情熱を、そのたくましい生命力は市民の活力を象徴

薩摩川内市の市鳥(メジロ)

市鳥 メジロ
甲高く活気あふれる鳴き声は市民の力強さと明朗性を象徴 
薩摩川内市の市魚(きびなご) 

市魚(海) キビナゴ(海)

小さな体ですばやく回遊する姿は市民の力強さと明朗性を、美しい姿は市民の豊かな心を象徴

薩摩川内市の市魚(川) 

市魚(川) アユ

激流ともいえる流れの早い流心に定位する姿は、何事にも負けない不屈の精神を、また、集団で行動する姿は、市民の協調融和の精神を象徴
川内川の大花火大会 
 ◎川内川の大花火大会(毎年8月16日)


画像の一部は、薩摩川内市HPよりコピーしました。
(鹿児島・山口・福岡応援団 / 地域交流飛翔会 / 新留育郎)

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

最新記事
カテゴリ
プロフィール

七福神の育さん

Author:七福神の育さん
■本名:新留 育郎
■薩摩川内市出身1946年生
■座右の銘
「敬天愛人」「士魂商才」 
■趣味とスポーツ
「柔道」「家庭菜園」
「絵画鑑賞と史跡散策」 
■愛読書
「野菊の墓」
「翔ぶが如く」
「金子みすず童謡詩集」
■愛唱歌
「北辰斜めにさすところ」
(旧制第七高等学校寮歌)
「吉田松陰」「薩摩の人」
「白い花の咲く頃」
「愛傷歌」「北の旅人」
■好きな俳優/アナウンサー
吉永小百合、有働由美子
小西真由美(川内出身)
■交流会/地域貢献活動
鹿児島県
企業誘致サポーター
薩摩川内市CSサポーター
福岡さつま川内会副会長
福岡県新宮町男女共同参画
 審議会副会長
福岡可愛山同窓会会長
川内高校可愛山同窓会会員
川内高校ひっとぼ会世話人
川内南中学校同窓会会員
山口大学獅子の会世話人  
山口大学鳳陽会会員
山口大学柔道部OB会会員
西銀EDOS会会長
西銀志免会会長
西銀福間会会長
西銀会会員
福岡薩摩五代会会員
七福神+ONEの会世話人
■職歴
大手銀行支店長/本部部長
東証二部上場会社役員
地元放送局関連会社役員
総合広告代理店役員
■現職
HOSJAS企画(同)CEO
地場企業2社顧問

■資格認定
九州観光マスター1級
旅行業務取扱管理者
個人情報保護士
宅地建物取引主任者

最新トラックバック
月別アーカイブ
今日の天気は?

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
19さんの庭先に咲く花